上山憲昭・招待講演・依頼講演

  1. Invited Lecture: Feri Fahrianto and Noriaki Kamiyama, “Cache replacing method using burst score aggregation to suppress delayed caching effects”, 電子情報通信学会 ネットワークシステム(NS)研究会, NS2022-91, 札幌/オンライン, 2022年10月
  2. チュートリアル講演: 中村 遼, 上山 憲昭, “キーワード型情報指向遅延耐性ネットワークの設計に関する一検討”, 電子情報通信学会 2022年総合大会, BT-3-1, オンライン, 2022年3月
  3. Invited Lecture: Feri Fahrianto and Noriaki Kamiyama, “Throughput Analysis of Translation Gateway Between IP and NDN Using Dual Channel”, 電子情報通信学会 ネットワークシステム(NS)研究会, NS2021-78, オンライン, 2021年10月
  4. チュートリアル講演: 上山 憲昭, “回答文の書き方・レターの書き方”, 電子情報通信学会 2021年ソサイエティ大会, BK-1-2, オンライン, 2021年9月
  5. 依頼講演: 上山 憲昭, “コンテンツ再配置によるICNルータのFIB集約”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部会 第297回部会, オンライン,2021年7月
  6. チュートリアル講演: 上山 憲昭, “NDNルータの転送テーブル集約効果向上のためのコンテンツ配置制御,” 電子情報通信学会 2021年総合大会, BT-3-4, オンライン, 2021年3月
  7. チュートリアル講演: 上山 憲昭, “回答文の書き方・レターの書き方”, 電子情報通信学会 2020年ソサイエティ大会, BK-1-2, オンライン, 2020年9月
  8. Keynote speech: Noriaki Kamiyama, “Analyzing Effect of Edge Computing on Reduction of Web Response Time,” HMEC 2019, Kuala Lumpu, Malaysia, Apr. 2019
  9. Keynote speech: Noriaki Kamiyama, “Content Availability in Information-Centric Networking,” ICWT 2018, Bali, Indonesia, July 2018
  10. 招待講演: 上山 憲昭, “ネットワーク中立性と非協力ゲームによる分析”, 電子情報通信学会 ネットワークシステム(NS)研究会, 福岡, 2018年4月
  11. 依頼講演: 上山 憲昭, 石橋 圭介, 星合 擁湖, “災害時におけるマルチホップD2D通信の到達性分析”, 信学会IN 研究会, IN2017-10, 東京, 2017年5月
  12. 招待講演: 上山 憲昭, “コンテンツの多様性に基づくキャッシュ制御”, 電子情報通信学会 情報ネットワーク(IN)研究会, 名古屋, 2017年1月
  13. 基調講演: 上山 憲昭, “インターネットサービスを支えるWeb技術”, マルチメディア推進フォーラムPART714 Web技術の進化とインターネットサービスの今後の展望, 東京, 2016年11月
  14. Invited talk: Noriaki Kamiyama, “Cache Control in Content Delivery Networks,” APNOMS 2016 Special Session, Kanazawa, Oct. 2016
  15. Tutorial: Noriaki Kamiyama, “Advances in Reducing Web Response Time,” IEEE HPSR 2016, Yokohama,Jun. 2016
  16. Panelist: Noriaki Kamiyama, “Identification of Worm-Infected Hosts in Large-Scale Networks,” IEEE DSOM 2008, Samos, Greece, Sep. 2008
  17. 招待講演: 上山 憲昭, “トポロジがネットワークの性能に与える影響について”, 電子情報通信学会 情報ネットワーク(IN)研究会, 北海道, 2008年6月
  18. 依頼講演: 上山 憲昭, “DEAを用いた網トポロジ設計について”, 日本OR学会 評価のOR, 東京, 2006年11月
  19. Invited talk: Noriaki Kamiyama, “All-Optical Networks,” Cambridge University Computer Lab Wed. Seminar, Cambridge, UK, Oct. 2006