先進ネットワーク研究室について

インターネットは人々の暮らしに欠かすことのできない社会インフラとして普及しています。Webページ閲覧や動画視聴などのデジタルコンテンツ配信がインターネットのトラヒック全体の8割以上を占めていますが、動画の高精細化やWebページのリッチ化によりコンテンツが大容量化し、ネットワークを流れるトラヒック量が日々、増加し続けています。そのためネットワークの混雑による通信品質の劣化やネットワーク構築・運用コストの増大が問題になっています。

またインターネットは誰もがアクセスできるため、不正アクセス、情報漏洩、特定のWebサイトをサービス不能とするDDoS攻撃などのサイバー攻撃が日常的に発生しています。

さらに近年、様々な場所に設置されたセンサーやスマートフォンで測定されたデータを収集し活用することで、人々の暮らしを快適にするIoTが注目されています。IoTの普及に伴い、遅延品質などの要求条件やデータの発生・消費のパターンの多様化が予想されます。

このように大容量化、複雑化するデータの発生・要求に対し、高品質・安定・低コストなネットワークサービスを提供し続け、さらにサイバー攻撃に対しネットワークを守るために、ネットワーク制御技術やネットワークセキュリティ技術の重要性が増しています。

また情報ネットワークの健全な発展には、特定の事業者が利益を独占することなく新しい技術やサービスのアイデアをもった個人や零細事業者がサービスを自由に提供できる制度・規制が重要です。

先進ネットワーク研究室では主に、(1)ネットワークセキュリティ、(2)情報指向ネットワーク、(3)キャッシュ配信、といったネットワークインフラに関する技術や、(4)災害時の情報通信、(5)IoT、(6)ネットワークサービスの制度・規制、などの6つの分野の研究に取り組んでいます。