情報指向ネットワーク


コンテンツを効率的に配信する次世代のネットワークとして、情報指向ネットワーク(ICN: Information-Centric Networking)が注目されています。しかしICNを広範囲に実現するためには、ルータの転送テーブル構成技術、既存のIPネットワークとの同時運用技術など、解決すべき問題が多くあります。

そこで以下のテーマなどを中心に、ICNを実現するための研究に取り組んでいます。


情報指向ネットワークのスケーラビリティ向上技術

ICNではコンテンツの名称を用いて配信要求がコンテンツのオリジナルに向けて転送され、ルータでコンテンツがキャッシュされます。ICNによって、コンテンツの配信元を特定せずにコンテンツ名で直接、コンテンツを要求することが可能となります。また要求転送経路上のルータからコンテンツを配信することで、消費ネットワーク資源量を抑えた効率的なコンテンツ配信が可能となります。

しかしICNでは、コンテンツの名称に対する転送先の情報をルータの転送テーブルに格納する必要がありますが、ネットワーク上のコンテンツ数は膨大なため、転送テーブルのサイズが爆発的に増加します。そのためICNを大規模化、すなわちICNのスケーラビリティを向上させるには、転送テーブルのサイズの抑制が重要な課題です。

そこで本研究室では転送テーブルの大きさを効果的に削減するための研究に取り組んでいます。例えば、CDN (Content Delivery Network)のキャッシュサーバを用いて、転送テーブルのエントリの集約効果が向上するようコンテンツのオリジナルを配置する研究や、コンテンツの配信経路を制御する研究に取り組んでいます。


情報指向ネットワークのマイグレーション技術

情報指向ネットワーク(ICN)はIoTデータの配信やコンテンツ配信を効率化する新しいネットワークとして注目されていますが、現在のインターネットの全体が一度にICNに置き換わることは非現実的であり、部分的に、徐々にICNが導入されていくことが予想されます。そのためICNと従来のインターネット(IPネットワーク)とが混在した状態が予想されます。ICNではコンテンツの名称に基づきパケットが転送されますが、IPネットワークではIPアドレスに基づきパケットが転送されます。そのためこれらデータの転送方式が異なるルータ間においてパケットを転送するための技術が必要となります。

そこで本研究室ではICNルータとIPルータ間のパケット転送を可能とするゲートウェイ機能に関する技術の研究に取り組んでいます。


SNSのトポロジ構造を活用した情報指向ネットワークのキャッシュ制御技術

FacebookやTwitterといったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)においては、少数のインフルエンサーが生成するデータに人気が偏る特徴があります。そこでSNSのデータをICNのルータでキャッシュする場合には、SNSのトポロジ構造を考慮することが有効であると考えられます。

そこで本研究室では、SNSのトポロジ構造に基づくICNのキャッシュ制御方式やその効果を分析する研究を進めています。